谷林・小川法律事務所は、交通事故の被害者支援に全力を尽くしています。 谷林・小川法律事務所は、個人・法人の債務の問題の解決に全力を尽くしています。 谷林・小川法律事務所の弁護士は、弁護士と税理士の資格を兼ね備えており、相続問題、離婚問題を税務の観点からもサポートしています。 谷林・小川法律事務所は、高齢者の生活・福祉の問題の解決に全力を尽くしています。(相続・遺言、事業承継、消費者問題、債務整理、介護問題) 谷林・小川法律事務所は、企業の悩みを解決します。
私達が相談に乗ります。代表弁護士 谷林一憲、弁護士 小川政希

弁護士のご紹介

谷林・小川法律事務所は、「個人」、「自営業者」、「中小企業」の権利を守ります

弁護士による無料法律相談サポート! まずはお気軽にご相談下さい

  1. 1
    交通事故については完全成功報酬制着手金0円。賠償額がアップしなければ、一切弁護士報酬は頂きません。ただし、弁護士費用特約がある場合を除きます。)
  2. 2
    初回電話無料相談(相談時間15分・予約制)を実施(交通事故、債務整理)*
    *交通事故(被害者側、人損の場合のみ)、債務整理(破産、個人再生、任意整理)については、直ちに電話を頂ければ、事案の概要をお聴きした上で、電話相談の予約をさせて頂きます。

    詳細はこちら

  3. 3
    初回メール無料相談を実施(交通事故、債務整理に限定)
    交通事故(被害者側、人損の場合のみ)、債務整理(破産、個人再生、任意整理)に限定。

    詳細はこちら

  4. 4
    交通事故(被害者側、人損の場合のみ)の事務所での相談は無料
    *ただし、交通事故で弁護士費用特約がある場合は、弁護士費用特約を利用して相談料を保険会社に請求する場合があります。なお、弁護士費用特約を利用しても、保険料は上がりません。
  5. 5
    債務整理(破産、個人再生、任意整理)の事務所での相談は3回まで無料
  6. 5
    法人(会社等)の相談は、事務所での初回の相談は、どんな相談でも無料

谷林・小川法律事務所が選ばれる理由

  1. 1
    交通事故
    1. ① 完全成功報酬制を採用しています(着手金0円。賠償額がアップしなければ、一切弁護士報酬は頂きません。ただし、弁護士費用特約がある場合を除きます。)
    2. ② 後遺障害診断書(自動車損賠償責任保険後遺障害診断書)を事前に無料でチェックしています。
      (医師は医療のプロ・治療のプロですが、交通事故の後遺障害診断書の記載方法については、深く理解しているとは限りません。 後遺障害の認定は、後遺障害診断書と画像のみによってされるので、後遺障害診断書の記載内容は、後遺障害等級の認定に大きく影響します。 記載漏れ・検査漏れなどのチェックが不可欠です。
    3. ③ 医師への医療照会、医師との面談を積極的に行っています。
      後遺障害診断書に不明な点があったり、等級認定に対する異議申立てに際して医師の意見を訊く必要がある場合、積極的に、医療照会、面談を行っています。
    4. ④ 後遺障害の等級認定に対する異議申立てを多く経験しています。
      重傷のケース、むち打ち症(14級、非該当)のケース、いずれの取り扱いの経験も豊富です。
    5. ⑤ 保険会社からの示談案を無料で査定しています。
    6. ⑥ 事故に遭ったその日からでも、相談(対応)可能です。
    7. ⑦ 電話での無料相談を実施しています(初回のみ。被害者側、人損の場合のみ)
    8. ⑧ メールでの無料相談を実施しています(初回のみ。被害者側、人損の場合のみ)。
    9. ⑨ 事務所での面談の相談は無料です(被害者側、人損の場合のみ)。
    10. ⑩ 弁護士費用特約を利用できます。
      *ご自分が加入している保険に弁護士費用特約が付いてない場合でも、同居の家族が加入している保険に弁護士費用特約が付いている場合には、弁護士費用特約が使える場合がありますので、保険会社に問い合わせてみて下さい。
  2. 2
    借金問題
    1. ① 電話での無料相談を実施しています(初回のみ)。
    2. ② メールでの無料相談を実施しています(初回のみ)。
    3. ③ 事務所での面談の相談は3回まで無料です。
    4. ④ 個人再生の申立ての経験が豊富(90件以上)です。住宅特別条項付きの個人再生の申立て経験も豊富。
    5. ⑤ 法人(会社)の破産申立ての経験が豊富です。
    6. ⑥ 裁判所から選任される破産管財人の経験が豊富です。法人の民事再生の監督委員も務めています。
    7. ⑦ 個人の自己破産の申立費用が低額(16万2000円~。実費を除く)
  3. 3
    家事事件
    1. ① 弁護士谷林一憲は、平成17年より現在まで神戸地方裁判所姫路支部の家事調停委員を8年間以上務めており、家事事件(離婚事件、相続事件)の経験が豊富
    2. ② 税理士、司法書士と連携し、離婚事件・相続事件をワンストップで解決。(なお、弁護士谷林一憲・弁護士小川政希ともに、税理士としても登録しています。近畿税理士会姫路支部所属。)
  4. 4
    法人(会社等)の相談
    法人(会社等)の相談は、どんな相談でも初回の相談は無料にしています。
    *金融機関、診療所、卸売業、小売業、不動産業、土木・建設業等の顧問先があります。
谷林・小川法律事務所

2016年12月08日養育費・婚姻費用(新算定表)

現在の実務では,養育費・婚姻費用の額の算定に際しては,
判例タイムズ第1111号「簡易迅速な養育費の算定を目指して-養育費・婚姻費用の算定方式と算定表の提案-」
が参考にされています。

平成28年11月15日,日本弁護士連合会は
「養育費・婚姻費用の新しい簡易な算定方式・算定表に関する提言」
を発表しました。以下の頁に掲載されています。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2016/161115_3.html

新算定表で計算した場合,
従来の算定表よりも養育費・婚姻費用が高く計算される可能性もあります。

離婚実務に携わる弁護士(特に請求側)は,
新算定表も念頭において事件の処理を考える必要があります。



2016年02月24日赤い本が改訂されました

財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(通称赤い本)が改訂されました。主な改訂点は以下の通りです。

1 死亡慰謝料について
当事務所でも取扱いのある死亡事故につき,旧基準では「母親,配偶者 2400万」であったところ,新基準では「2500万円」に増額されました。
一家の支柱,母親,配偶者以外の方の死亡事故につき,旧基準では「2000万円~2200万円」であったところ,新基準では「2000万円~2500万円」に増額されました。

2 傷害慰謝料について
当事務所でも取扱いのあるむち打ち事故につき,旧基準では「通院期間を限度として実治療日数の3倍程度を目安とする」とされていたところ,新基準では「入通院期間」を基礎として別表Ⅱを使用し「実通院日数の3倍」基準は「慰謝料算定のための通院期間の目安とすることもある」と被害者に有利になるように明記されました。
また,別表Ⅰについても「入通院期間」を基礎として使用し,「実通院日数の3.5倍」基準はあくまでも例外的なものであることが明記されました。
当事務所では,従前より,被害者に有利な上記基準で加害者側保険会社と交渉しておりました。そのような運用が妥当なものであることが今回の改訂でより明らかになりました。

2015年06月23日Q&A 高齢者施設・事業所の法律問題 -介護現場の76問-

同期の弁護士を中心として、上記のタイトルの本(A5版 496頁 本体4,400円+税)を執筆しました。弁護士の他にも、社会保険労務士、司法書士も執筆に加わっています。6月24日に日本加除出版から出版されます。
開業時のトラブル、利用者とのトラブル、従業員とのトラブル、利用者の親族とのトラブル、介護事故、M&A・倒産等の問題、介護現場での成年後見の問題等を取り上げ、高齢者施設・事業所が直面する法律問題について、Q&A方式で解説しました。
高齢者施設の長・責任者の方には是非とも読んで頂き、施設のコンプライアンスを高めて頂くことを願っています。

2015年01月22日『交通事故、債務整理 土曜日無料相談会』のお知らせ

交通事故、債務整理 土曜日無料相談会を行っています。時間は45分程度です。なお、弁護士の予定により実施できない日もありますので、ご了承下さい。
実施日の前日までに電話でご確認の上、予約をして下さい。
離婚、相続の相談は有料ですが(45分程度、5,000円+消費税=5,400円)、土曜相談を実施しています。
心機一転、依頼者のお力になれるように頑張っていきます。
ご相談のご予約は、079-288-2769まで。

2014年07月17日平成27年7月17日の嫡出推定についての最高裁判決

本日の最高裁判決
 夫以外の男性と子供の血縁関係がDNA鑑定で証明された場合、戸籍上の父との親子関係を取り消せるかが争われた訴訟の上告審判決が、本日、最高裁でありました。
 第1・2審では、妻側が勝訴していました。
 第1小法廷は取り消せるとした1・2審判決を破棄し、妻側の訴えを退けました。
 嫡出推定に対するDNA鑑定の扱いを最高裁が判断したのは初めてです。
 判決の要旨は、夫以外の男性と子供の血縁関係がDNA鑑定で証明されても戸籍上の父との親子関係を取り消すことはできない、民法772条は「婚姻中に生まれた子供は夫の子とみなす」とする「嫡出推定」の規定を置いているが、この規定はDNA鑑定に優先するとしました。
 判決は、民法772条の嫡出推定の規定について、「子供の身分の法的安定性を保持する上で合理性がある」と指摘し、「(DNA鑑定で)生物学的な父子関係がないことが明らかになっても、子供の身分の法的安定性を保持する必要がすぐになくなるわけではない」としました。その上で、「法律上の父子関係と生物学上の父子関係が一致しない場合が出てくるが、民法の規定はそれを容認している」と判断しました。
 近年はDNA鑑定をすることが多いので、この最高裁判例は今後の実務に大きな影響を与えると思います。

交通事故・債務整理 土曜日無料相談会実施中

高齢者施設・事業所の法律相談 介護現場の76問

交通事故、債務整理 土曜日無料相談会 (初めての相談の方のみ)×

時間は45分程度です。なお、弁護士の予定により実施できない日もありますので、ご了承下さい。
実施日の前日までに電話でご確認の上、予約をして下さい。
離婚、相続の相談は有料ですが(45分程度、5,000円+消費税=5,400円)、土曜相談を実施しています。

  1. 第1枠午前11時~
  2. 第2枠午後1時~
  3. 第3枠午後2時~
  4. 第4枠午後3時~
  5. 第5枠午後4時~
  6. 第6枠午後5時~

交通事故でお悩みの方に 弁護士無料メール相談

借金問題でお悩みの方に 弁護士無料メール相談

電話無料相談のご案内

ご利用規約 (※必ずお読み下さい)

  1. 1. 電話無料相談は、交通事故(被害者側のみ。物損を除く)、債務整理(破産、民事再生、任意整理)のみ取り扱っております。
  2. 2. 電話無料相談は、関西在住の方(岡山県も含む)の方のみに限らせて頂きます。
  3. 3. 電話無料相談は、予約制です。 お一人様1回限、時間は15分です。
  4. 4. 交通事故(被害者側、人損のみ)、債務整理(破産、民事再生、任意整理)の電話無料相談をご希望の方は、直接事務所に電話をして下さい。相談カードの送付は不要です。事務局が概要を聴き取り、電話を掛けて頂く日時を決めて、その時間に電話を掛けてきて頂きます。

ご利用手順

  1. 1. 交通事故(被害者側、人損のみ)、債務整理(破産、民事再生、任意整理)の電話無料相談をご希望の方
    直接事務所に電話をして下さい。相談カードの送付は不要です。

    谷林・小川法律事務所 電話番号:079-288-2769

多重債務のご相談

電話での無料相談の受付を開始しました。

お客様の声
お客様の声交通事故解決実績
交通事故解用語集
谷林・小川法律事務所
弁護士 谷林一憲・小川政希

〒670-0935
兵庫県姫路市北条口2丁目63番地
兵庫県信用組合の前、駐車場はビル1Fにあります。

TEL:079-288-2769
FAX:079-224-1828

主な相談対応エリア

姫路市、加古川市、高砂市、加古郡(稲美町、播磨町)、神戸市、明石市、 たつの市、赤穂市、相生市、宍粟市、揖保郡太子町、佐用郡佐用町、赤穂郡上郡町 加西市、加東市、西脇市、小野市 神崎郡福崎町、神崎郡市川町、神崎郡神河町、 豊岡市、朝来市、和田山町