最新情報Information»一覧へ

お知らせ赤い本(平成29年度版)が発行されました

赤い本(平成29年度版)が発行されました。1 自転車事故についての過失相殺基準近時,自転車事故が増加しております。過失相殺について,片手運転や,二人乗り,イヤホンを付けながらの運転など,危険な運転方法で会った場合,それが「著しい過失」に該当するか問題になります。この度,赤い本では,自転車事故についての過失相殺基準の「試案」が掲載されました。今後の実務に与える影響は大きいと思います。2 改正民法が交通事故実務に与える影響民法の改正が予定されています。交通事故に関するものとしては,①消滅時効(長期消滅時効・時効の更新/完成猶予・協議による時効の完成猶予)②法定利率(市中金利変動等に連動する変動性。改正当初は3%),遅延損害金(変動性)③中間利息控除の規定の創設④相殺禁止に関する規定の緩和が挙げられます。これらの改正について,実務に与える影響が解説されています。

お知らせ養育費・婚姻費用(新算定表)

現在の実務では,養育費・婚姻費用の額の算定に際しては,判例タイムズ第1111号「簡易迅速な養育費の算定を目指して-養育費・婚姻費用の算定方式と算定表の提案-」が参考にされています。平成28年11月15日,日本弁護士連合会は「養育費・婚姻費用の新しい簡易な算定方式・算定表に関する提言」を発表しました。以下の頁に掲載されています。http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2016/161115_3.html新算定表で計算した場合,従来の算定表よりも養育費・婚姻費用が高く計算される可能性もあります。離婚実務に携わる弁護士(特に請求側)は,新算定表も念頭において事件の処理を考える必要があります。